1. ホーム
  2. エロ漫画
  3. ≫奪われた母娘~逃れられない肉欲の檻【黒猫スミス】のレビュー 母娘の肉体を思いのままに貪る、30歳童貞の精力がすごい!

奪われた母娘~逃れられない肉欲の檻【黒猫スミス】のレビュー 母娘の肉体を思いのままに貪る、30歳童貞の精力がすごい!

母とその三姉妹の肉体を食べ放題!鬼畜監禁男の取った行動がやばすぎなのが・・・奪われた母娘~逃れられない肉欲の檻です。(この記事は5000文字超なので読むのに10分ほどかかりますのでご注意ください)

官能小説のような、この奪われた母娘~逃れられない肉欲の檻という漫画ですが、まさしくタイトル通りにかなり過激な内容でした。

 

読めるのは、ハンディコミックです。
ハンディコミックの奪われた母娘~逃れられない肉欲の檻のページはコチラ

 

倫理委員会やPTAが目をつけたらすぐに発禁扱いにしそうな内容なので、誰にもバレずに読む必要があるでしょう。間違っても親や姉、妹などにバレてしまったら・・・

はい・・・めちゃくちゃ家にいづらい状態になると思います(笑)

 

その点、ご注意ください。

この奪われた母娘~逃れられない肉欲の檻が読めるのは、ハンディコミックです。


ハンディコミックはコチラ

 

奪われた母娘~逃れられない肉欲の檻の作者は誰?

奪われた母娘~逃れられない肉欲の檻の作者は、黒猫スミスです。

黒猫スミスの大ヒット漫画といえば、おばさんの肉体(からだ)が気持ち良過ぎるから ~ボクのおばさんは超名器だった ~ですね。

 

今もって、ハンディコミックで人気ナンバーワンです。(2016年12月時点)

その他、黒猫スミスの代表作として

  • 母さんの女穴『あな』つかわせて
  • BODY HAZARD 5 出生編
  • BODY HAZARD 4 受胎編
  • BODY HAZARD 3 睡眠姦編
  • BODY HAZARD2 筆おろし・受精編
  • BODY HAZARD 睡眠姦編

などがあります。

 

おすすめは、

  • おばさんの肉体(からだ)が気持ち良過ぎるから ~ボクのおばさんは超名器だった ~
  • 母さんの女穴『あな』つかわせて
  • 小川家の母娘

ですね。

ちなみに、小川家の母娘と奪われた母娘~逃れられない肉欲の檻は、同内容でしょう。同人漫画では、同じ内容でもタイトルがスマホ版と電子書籍版では違うことが多々あります。

 

なんででしょうね・・・

どんな内容なのか?

奪われた母娘~逃れられない肉欲の檻を1話ずつレビューしていきます。抜きたくなったら、本編を読んですっきりしてみてください。

登場人物

奪われた母娘~逃れられない肉欲の檻の登場人物です

小川家
陽子・・・・最初に狙われてしまった小川家の次女

舞・・・・小川家の長女

母・・・・小川家の母親。旦那がいないのは、死別しているから
むっちりした体のラインがとてもエロい。

 

主人公・・・30歳で童貞。とにかく絶倫すぎる

1話 狙われた少女…30歳童貞男の歪んだ決意

とうとう捕まえたぞ・・・

自宅のベッドで気絶している女子校生を眼下に見下ろし、

「やっとボクも童貞 卒業できる」

「童貞卒業は、やっぱり可愛い子でしたいもんね フフフ」

どうやってこの可愛い女子校生を自宅に連れ込むことができたのでしょうか?実は1時間前に遡るのです。

前々から目をつけていた女子校生の陽子が友人と別れたのを見計らって、自宅の家の前に車を横付けにしたのでした。

車が故障したフリをして、ワンボックスカーのスライドドアをあけ、素早く昏睡薬を注射!!

 

まるで、どこかのスパイなみの手際の良さに脱帽ですw 最後に見たのは、バイオハザードかな。そういえば、バイオハザードは最終話が上映されますね。

うーんたのしみ♪

 

ちょっと話はそれましたが、そういう感じで激かわ女子校生の陽子を拉致したのでした。

昏睡して意識がない陽子の体をまさぐる30歳の童貞男がきもすぎですねーw

 

セーラ服のブラウスの下に手を這わせ、胸をもみもみ♪さらに下半身に手を伸ばしてパンツを閲覧w

実にねちっこい男です。

2話 昏睡レ●プ!はかなく散った彼女の純潔

純白のパンツをずるっとおろすと、まだ完全に毛がはえそろっていないのかアソコが丸見えなんですね。

「ボクチンとつながる 穴はどこかな~」

「あれ?内側に薄い膜がついている」

それって処女膜じゃありませんか? ゴクン。

そういいつつ男は、自分のアソコをぶるんと持ち出して臨戦態勢。陽子をM字開脚して、そっと秘部にあてがうのですが・・・

 

うまく入りません(爆)

まあ童貞ですからね。

でも・・・ついに・・・入ってしまうのです。

「凄く狭くてあったかい!」

でもね、気絶してて女の子はまったく反応がないのがつまらないです。そのうち、我慢できなくなって「びゅるるーー」

早!!

 

勿体無いと思ったのか、抜かずにさらに腰を振っていると、とうとう目が覚めてしまったのでした!!うわーーどうなるんだろう??

「痛い!」

あまりの痛さに走り出して逃げる陽子。でも鍵がかかって出られないのです。さらにさらに男は卑怯な手をつかったのでした。

「首に何かついているねー」といいつつ同じベルトをしたクマのぬいぐるみを外に投げ捨てると大爆発!

首輪には爆弾が仕込まれていたのでした。部屋から出ると5秒以内に爆発すると警告する男にしぶしぶ従うことになるのです・・・

だんだん盛り上がってきましたね!

3話 お姉ちゃんも騙して監禁…良い子にはご褒美中●し

夜、姉が帰宅しても陽子はいません。

実は、男の家で延々とセックスの相手をさせられつづけていたのでした。それも、精力ドラッグをつかって。

切れたアソコが痛くて痛くてたまらない陽子。そんなとき、姉から電話があり、騙して男の部屋にくるように誘い出したのでした。友人宅にいるという口実なのです。

さて

どんな手を使って監禁するんでしょうかねーー??

 

静かにしてくれたのでご褒美を上げるといいつつ、中出しを決めちゃうわけですよ。しかも「すごい量がでた」

 

「そんなのないよーー」

一段落したときに、姉がやってきたきたのでした。

姉が見たのは、妹がころがっているベッド。見れば一目瞭然の状態にビビってしまう姉。「おとなしくしていれば命は助けてあげる」

という男だったのですが、まあやられちゃうわけですよ。

4話 姉妹の子宮に強制注入

妹のために、黙って耐えることを選んだ姉の舞だったが、パンツを脱がされそうになるとやはり躊躇するわけですよ。

 

でも妹の命をてだまに取られてすなおに、うつぶせになり後背位で受け入れる姿勢をとるんですよね。実に美しい姉妹です。

実際、こんなにすんなり従うのかわからないのですがとにもかくも後背位で、男から挿入されるのを待っていいる姿はなかなかのものですw

 

「痛いぃ!」

 

「あれ・・・?お姉ちゃんも初めてだったの?」

「少しきついけど一気にいくよ!せーのぉ」

 

「はぶぅぅ」

 

これはかなりエグい初セックスですね。妹より姉の方が鬼畜度が高いです。しかも、後背位でパンパン言わせながら、さくっと中出し。

 

ついに可愛い姉妹で筆おろし決めたぞ!!めちゃくちゃこの男、はしゃいぐのですが、ちょっと腹が立つほどにやつくんですよ。

 

そんなとき、今度は母親から電話がかかってくるわけです。で、同じように誘い出すんですよね。この小川家の母は、実に清楚な女性でした。

というかきれいすぎだろ!

部屋に案内された母は、とんでもない光景を見て立ち尽くすのです。まあ・・・普通びっくりしますよね。

わが娘達が、血だらけでベッドにころがっているわけですから。

5話 終わらない欲望の連鎖…キレイなママも調教監禁

陽子に爆弾をしかけられていることを聞かされて、言うことを聞く事しかなくなった母。

「奥さんが代わりにしたらもう手はだしませんから・・」

いや出すだろ!と思ったのですが、今の母には言うことが一番を思ったみたいで素直に服を脱ぎ始めたのですが、男は我慢ができずに黒のパンティストッキングを手にかけてやぶきまくり!!

 

もう許して下さいという母親が提案したのは、口でしますから・・・というもの

 

「娘が見ていますので別の部屋で・・」

「娘に手本を見せないと」

「えっ!!」

「じゃ 娘にさせるぞ」

やっぱり、人妻の舌使いは年季が入っていやらしいですねーーここも見どころですよ。

6話 言う事聞かないと娘二人がどうなるか分かるよね?

母親の年季の入ったフェラで射精した男だったのですが、まだまだ終わらなかったのです。

「もう出したから、開放して!」

「いや奥さんのマ●こに入れないと」

12時間以内に新しいキーを入れないと娘がバーンだよ

・・・・。

結局、美人奥さんもM字開脚させられ挿入されてしまったのでした。

「うーん なんと柔らかい!」

「ふん!」

男が中出しする意思があるとわかると途端に暴れだすんですよね。かなり抵抗をして、最後に抜いたのですが・・・

 

「ちょっと抜くのが遅かったね 奥さん」

「そ・・・そんな」

今度は、後背位になってパンパン!!

「どぴゅーー」

母子に中出ししてもうた!!どんだけ、出るんだこいつは~~とちょっと唖然。

1‐6話まで興奮しっぱなしの展開です。

 

7話 母娘3人、交互に中●し!お前達に拒否権は無い!

奪われた母娘~逃れられない肉欲の檻の6話までで小川家の母娘は、全員種付けさせれてしまいました。これからは、調教タイムですよ~

 

それでも飽き足らず、舞、母の順に中出し

さらに陽子にもとかなりヘビーローテでやりまくっているのですが、とうとう男にも限界の時期がやっと訪れたのでした。

でもね・・・

終わんないんですよ。中出しが。

とにかく、中出しのシーンが延々とつづくわけなんですが、一番危なさそうなのが母。なんといっても「危険日だったのに」のセリフが哀れです。

おっと腹ボテシーンがくるかも?

この奪われた母娘~逃れられない肉欲の檻は、かなりハードですね。

8話 精力剤が効き過ぎて眠れないから、妹で処理

8話の冒頭でも、陽子にしっかり中出しとお掃除フェラを強要するのですが、精力剤を服用しているせいか全然眠れないといいだす主人公。

 

結局、再度陽子で抜くことに決定してしつように中出しを決めるのですが・・・かわいそうなくらいです。

「精子を子宮にすりつけないとなーー」

といいながら、奥をぐりぐり♪

そんな娘が哀れになったのか、母が「私が相手になります」というのですけど・・・全く無視(笑)

 

トイレに行こうと移動した陽子を再度捕まえて、立ちバックして再中出しするわけです。そうとう陽子を気に入っているんですね。

9話 口の中のもマ●コの中のも全部こぼしちゃ駄目だよ!

姉の舞を後背位から、ズコズコして中出し

とにかく作者の黒猫スミスは、後背位がとっても好きなようです。そういった意味でも、バックが好きな人には、この奪われた母娘~逃れられない肉欲の檻はおすすめですね。

「奥さん 10時にフェラで起こしてくれ」

 

10時になると奥さんは、律儀にフェラで目覚まし♪

しっかり口で抜いてからは、今度は騎乗位になったりともう肉欲の限りをつくすわけです。

 

10話 毎日毎晩…数ヶ月にも及ぶ種付けの日々


もうどのくらい監禁生活が続いているんでしょうか・・・?世間的には絶対事件になっているかと思うのですが、警察の目が全然まわってきません。

母に本気オナニーをすることを強制して、マジイキしないと娘達にさせるというのです。

しかたなく、本気オナっると次第にイキそうになり、その瞬間を狙ってインする男。

ものすごいイキ方をして果ててしまう母だったのですが、執拗に言葉いじめをするのでした。

「天国の旦那さんにもっといい ち●ぽ見つけましたってか~~?!」

 

11話 徹底的な孕まし主義!逃れられない肉欲の檻

奪われた母娘~逃れられない肉欲の檻の最終章です。(たぶん)

相変わらず、中出しの日々。母と娘の中に生理が来ていない女性がいたのです。それは誰でしょうか・・・?

それは本編を見て確かめてください。そして母娘は、この先どうなってしまうんでしょうか?

オトナのコミックナビ評価

独自チェック
1.鬼畜度 ★★★★★
鬼畜度MAXですね。もうキモ主人公が、ひたすら中出しばかりで孕ませようと企んでいるのがありありな展開。母娘3人を騙しての救いのない展開に脱帽です。

2.興奮度 ★★★★★
監禁、中出しばかりと欲望の限りをつくした展開に興奮しっぱなしですね。もうやり尽くした感がたっぷりです。

3.価格  ★★★★
ボリュームの割に良心的なポイント消費量でした。

4.ページ量 ★★★★★
さらっと1話が終わるのではなく、結構濃い目で使い回しもなく良心的。

5.テンポ感 ★★★★★
疾走するようなテンポ感がすばらしい!だるい導入を読まされる感じもなく爽快です。

6.寝取られ感 ★★★★★
特定の彼氏などは登場しませんが、もし読者が彼氏視点だとしたらとてつもない寝取られ感だと思います。姉妹とも処女でしたし・・・

奪われた母娘~逃れられない肉欲の檻【黒猫スミス】が読めるのは、ハンディコミックです。

奪われた母娘~逃れられない肉欲の檻はコチラから

シェアをお願いします。