1. ホーム
  2. ホラー漫画
  3. ≫タブーを犯した女たち~巣箱~ 息子が実母とセックスをする過激な近親相姦漫画

タブーを犯した女たち~巣箱~ 息子が実母とセックスをする過激な近親相姦漫画

subako
タブーを犯した女たち~巣箱~は、実母と息子が夜な夜なセックスをするリアルドキュメント漫画です。
つまり近親相姦の実話を元にした漫画。最終的には、母の友人と3Pをしようと持ちかけるまで肉欲の虜となってしまいます。

母の友人に、母の秘部にバイブをつっこんで喘ぎ声を聞かせるという異常な価値観となっています。当然友人は、ドン引きして距離を置くわけですが・・・

 

とにかく過激の一言。

もともとはレディース系の本当にあった女の波瀾万丈人生シリーズで、最近ハンディコミックの広告としてあちこちで見かけます。タブーを犯した女たち~巣箱~は、怖いものみたさという点でドキドキしながら読むことができます。

タブーを犯した女たち~巣箱~のあらすじ

40すぎの独身女性である利恵子には、美しい友人 直子がいた。

早く結婚したものの、子供ができず、不妊治療を受けていたのでした。そんなある日、直子から連絡あり訪れてみるとやっと妊活のすえ妊娠したと報告を受けたのでした。

ずっと子供がほしくてがんばっていた直子に祝福をおく利恵子。ほどなくして出産。溺愛ぶりがすごくて中学生になっても高校生になっても直子とのツーショットの年賀状を送ってくるのでした。

 

そんなある日、直子から相談を受けたのでした。息子の直人が引きこもりで自分としか買い物にもいかず変であると。直人は、友達よりお母さんの方がいいというのでした。

そんな息子をマザコンじゃないのという利恵子に対して、反論する直子。そんな友人に息子べったりはよくないと諭すのでした。

ほどなくして直子は、夫と離婚したのでした。息子ばかりで夫をないがしろにした結果、寂しさのため外に女をつくったのでした。そんな夫の気持ちがわからない直子。

離婚祝いするから遊びにきて

そう言われて直子のもとを尋ねると異様な光景に絶句するのでした。食事は、手でくちまで運んだり、お風呂は母子一緒に入ったりと・・・とにかく異常。

息子はもう高校生なのに・・・

あまりの気持ち悪さのためにそうそうと友人の自宅をあとにしたのでした。
そして後日、直子は利恵子にとんでもないことを告白したのです。

あの日、息子といつものようにダブルベッドで寝ていると息子から求められ一線を超えてしまったのこと。なんとかコンドームをつけさせて一線を終えたのだけども、それから毎日求められてうれしい・・・

 

えっ絶句する利恵子だったが、直子は恥じらう様子もなく嬉々として話すのでした。何回も求めくるし、拒みきれなくて・・・

さらに衝撃的な事件が起こるのです。直子の息子直人から電話がかかります。相談があると言われて、話始めた友人の息子は怖いことをいうのでした。

一緒にしませんか?僕が奉仕しますから。

電話の遠くで直子がバイブで喜んでいる声が聞こえてきて・・・・

 

気持ち悪い!!利恵子はその母子と縁を切ったのでした。
subako

シェアをお願いします。