1. オトナのコミックナビゲーション
  2. エロ漫画
  3. ≫クローゼット0~奪われた純潔~ 山雲 同人漫画レビュー 大好きな彼氏の近くで強制フェラさせられる気の強いポニーテール女子

クローゼット0~奪われた純潔~ 山雲 同人漫画レビュー 大好きな彼氏の近くで強制フェラさせられる気の強いポニーテール女子

クローゼット0~奪われた純潔~は、クローゼット~幼馴染の真実~の以前のエピソードです。

クローゼット0~奪われた純潔~の本編はコチラから

 

いかに、ヒロインがヤリチンの先輩によって処女喪失したのかという内容になっており、前作クローゼット~幼馴染の真実~を読んだ方にはニヤリとする内容となっています。

もちろん、前作を読んでいなくても時間軸では、クローゼット0~奪われた純潔~が先なので違和感なく読むことができますよ

評価 75点

興奮度もそれなりにあり、前作とセットで読むと良いです。

 

クローゼット0~奪われた純潔~の作者 山雲ってどんな人?

クローゼット0~奪われた純潔~の作者は、これまでに

  • クローゼット~幼馴染の真実~
  • 悪女マゼンタの誘惑
  • ガンリキ! 3 媚薬に揺らぐ水面
  • ガンリキ! 2 保健室は淫らに香る
  • ガンリキ! 魅了の放課後

などの作品を配信しています。ガンリキシリーズは、DMMではなくてDL siteで読むことが可能です。

絵柄は、キレイというより少年誌のようなちょっとクセがある絵柄ですね。かと言ってクローゼットシリーズに関しては読みにくいということはありませんでした。

 

購入したのは、DMM ダウンロード形式は、 dmmb形式

クローゼット0~奪われた純潔~を購入したのは、DMMです。購入日は、2016年11月19日なのですが、記事を書くのがのびのびになっていました。

 

クローゼット0~奪われた純潔~のダウンロード形式は、dmmb形式のみです。

 

dmmb形式では、DMMの専用アプリがないとオフラインで読むことができないので注意が必要です。 dmmb形式であれば、ブラウザ視聴した方がよいでしょう。

 

見どころや内容レビュー

りんかは、親友のトモから相談を持ちかけられます。その相談とは・・・・

乱交したビデオを撮影されたこと

そんな卑猥なビデオを見せられ、ボーゼンとするりんかなのです。性的な経験がないりんかからすれば、当然想像もつかない世界なわけで・・。

 

聞くと彼氏の葛岡に撮影されてしまったのです。

 

そんな彼氏と付き合うなとりんかは言うのですが、トモは意外なことを口にしたのでした。それは、幼馴染のたかしと本当は付き合いたかったのだと。りんかも好きなたかしの名前を出されてぎょっとするわけです。

 

たかしを誰にも取られたくない・・・。

 

そんな微妙な女心が交錯するわけですが、結局は解決するために葛岡らが溜まっているカラオケハウスに向かったのでした。

そこで、りんかを狙っている薄井先輩に声をかけられるのでした。薄井は、この件を解決するから、一発ヤラせてくれと冗談まじりに言ってきたのでした。

 

そして翌日、ボコられてた恰好をしてきた薄井。りんかは、トモのために話しをつけてくれたのばかりと思い込み、薄井の軽い要求に応えることにしたのです。

 

それは、薄井の自宅に行くこと。

 

薄井の自宅で、トモの恥ずかしいビデオなどを回収してきた証拠を見せ、一発やらせるように迫るのですが、やはり断るりんか。

 

しかし、トモがりんかは、ずるいという事にこだわってしまい薄井の要求をのんでしまったのです。(ここらへんが、ちょっと無理があるような・・・)

 

でもね・・・しないんですよ。意外なことに。

来る日も来る日も、寸止め。

 

同人漫画上、普通ありえない展開ですが読者をじらしまくります。もちろん、いやらしい表現はたっぷりです!

 

そしてとうとう、挿入の日を迎えるのですが、またここでも、じらされますねーー読者は。意外な場所で、挿入するに至ります。

 

ここじゃなくて・・・結局ここで・・・?

 

学校で、好きなたかしの声が聞こえるところで、尺八とごっくん。場所を変えて・・・

 

 

「おれに初めてクレてありがとう♡」

 

とニコニコしながら挿入している薄井はゲスそのもの!

 

そのあとの、シーンがねっとりじっくりと描かれていて興奮しましたねーー。フィニッシュは後背位で中出しでしたよ。言葉いじめしながらのフィニッシュは、精神破壊そのもの。

 

気の強そうなヒロインが、ぷつんと切れたシーンは、なんとも言いようがないです。

 

すべて、ゲス薄井の思う通りの展開で調教が済んだら、他に回す手はずになっているようです。

 

調教過程については、クローゼット~幼馴染の真実~につながっていくわけですね。

クローゼット~幼馴染の真実~-ネタバレレヴュー

 

オトナのコミックナビ評価

独自チェック
1.鬼畜度 ★★★★★
以前落とした女を利用して、その幼馴染に罠にかける用意周到さは、鬼畜そのもの。堕ちた女は、もれなく精神破壊されてしまっているので、続編にも期待したい。

 

2.興奮度 ★★★★★
読者をじらしまくって、最後怒涛のように攻略していく様は、一気にドパーミンが放出される感覚に似ています。前作と今作を何度もループして読んでしまいました。

 

3.価格 ★★★★
定価が756円と高くもなく、安くもなく普通です。

 

4.ページ量 ★★★★★
63ページと量は、多め。CGではなく、漫画なので使いまわしもなく満足できました。

 

5.テンポ感 ★★★

体を求められて、断れそうな雰囲気なんだけど了承してしまうところが・・・?というふうになり何度か読み直しました。このクローゼットという言葉キーワードになるはずなのに、ちょっと構成不足かなと感じますね。

 

6.寝取られ感 ★★★
ヒロインが好きなたかしの魅力がなさすぎます。クローゼット~幼馴染の真実~では、寝取られてことでMAXに。本作では、寝取られ感はかなり薄いです。

 

まとめ

クローゼット0~奪われた純潔~は、やはり前作であるクローゼット~幼馴染の真実とセットで読む必要あると感じました。

本作だけでは、寝取られを期待している人を満足できません。寝取られ感は、いらないと思う人は、本作だけでもいいでしょう。

 

クローゼット0~奪われた純潔~の本編はコチラから